2011年11月30日

【人脈情報を効率よくキャッチする方法】(1)●雑談には積極的に参加し、吸収する

年齢、性別を問わず、情報をもっていない人など存在しないと考えましょう。

あなたとは違う環境で生活し、違う情報ルートの上で生きているのですから、あなたが見逃している情報を必ずもっているはずです。

「この人は何かいい情報をもっていそうだから、ゆっくりと話そう」とか「こいつとは話をしてもしかたがない」と、勝手に判断して線引きしないこと。

自分から進んで、いろいろな人との雑談に参加し、積極的に吸収する姿勢をもちましょう。



posted by ホーライ at 20:20| Comment(0) | 情報を収集する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

仕事上手になるチェックリスト●ためになる文書を書くコツ

(1)誰に何を与えるのか?を意識して書く

(2)製品、商品の用途を具体的に示す

(3)応用例を具体的に示す


posted by ホーライ at 07:15| Comment(0) | 文章術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事上手になるチェックリスト●面白い文書を書くコツ

(1)興味をひく見出し、書き始め

(2)楽しい雰囲気を作る

(3)自分自身、書いていることに興味を持つ

【ポイント】

(1)拒否反応を起こさないよう工夫する。

たとえば、キャッチフレーズ、アイキャッチャーに斬新なアイデアを入れて、受け手にショックを与える。

あっと驚かせる。

カタログの場合は目を引く写真の利用を考える

(2)ユーモアのある文章、センスの光る文章にする






●●●一流の思考術、一流の仕事術、一流の習慣術、一流の条件を紹介するサイト(1)●●●
          ↓
一流の思考術、一流の仕事術、一流の習慣術、一流の条件を紹介するサイト(1)

posted by ホーライ at 05:46| Comment(0) | 文章術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

誰でもできる目標を達成するコツ

目標の水準を3段がまえで設定しましょう。

組織における仕事は目標によって規定され、始められ、たえず目標と密接に絡み合いながら進められます。

その意味では仕事というものを、大きな意味で目標のマネジメント、つまり目標管理と考えても間違いではありません。


【目標管理規定・第1ステップ】

第1のステップは、「目標設定」ないし「目標形成」。

組織の目的を踏まえ、ビジョンや構想を描きながら、現実の環境条件を把握し、織り込みながら具体的な目標を設定し、形成する段階です。

この場合、将来に大きな事を描きながら、一方でこれまでの仕事の推移、実績、レベルを率直に評価し、両者のバランスをとって目標を設定、形成する必要があります。


【目標設定のコツ】

すぐれた目標を上手に設定、形成するコツは以下のとおり。

(1)仕事を取り巻く環境、仕事の内容、実績、自分の能力、そのほかの現実条件を見極める。

(2)目標テーマについては、考え方や論理をしっかり組み立てると同時に、できる限りイメージをはっきりさせる。

(3)数字、数量で目標値を明示する。

(4)目標の達成期限をいつまでというふうに、やはり具体的に定める。

(5)目標の水準を、(a)理想目標、(b)努力目標、(c)必達目標の3段がまえで設定する。

こうすると、状況の変化にフレキシブルに対応しやすくなります。


【目標管理過程・第2ステップ】

次は「目標認識」および「目標の動機づけ」。

目標のもつ意味を表面的に理解するだけではなく、必要な分析を加え、深く認識することです。

一方で、理解⇒納得⇒自覚⇒決意⇒覚悟のサイクルを回して、目標達成行動に強くスムーズにジョイントできるところまで動機づけをはかるようにします。


【目標管理過程・第3ステップ】

第3のステップは、「目標達成」です。

この段階では、目標達成を可能にし、容易にし、具体的な成果をもたらすようなあらゆる方法、発想、アイデアを考えだし、実行することにウエートが移ります。


このように「仕事のプロ」は、第1から第3までのステップをきちんと踏まえて、目標を確実に達成していくのです。





●●●一流の思考術、一流の仕事術、一流の習慣術、一流の条件を紹介するサイト(1)●●●
          ↓
一流の思考術、一流の仕事術、一流の習慣術、一流の条件を紹介するサイト(1)

posted by ホーライ at 20:38| Comment(0) | 目標達成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

交渉のポイント、交渉をうまくするコツ、交渉で有利になる秘訣(3)

★オープニング・フェーズ

取引契約は、ビジネス上の約束に過ぎない。

例え、ビジネスであっても、約束が必ず守られるという保証はない。

そこで、契約を締結する前提として重要なのが「信用」である。

オープニング・フェーズでは、この「信用」が大きなテーマとなる。

ここで、覚えておきたいことは、交渉はあくまでも、人と人との間で行われるということである。

契約は企業間で締結されるが、交渉そのものは、個々人が自分の責任と権限において行う。

したがって、ここでは、交渉テーブルに着いた相手との、個人的信頼関係が非常に重要であることを忘れてはいけない。

個人的信頼関係を築き、相手に安心感を与えることが第一の目的である。




★テスト・フェーズ

このテスト・フェーズでは、これまでの準備段階で収集した、相手の情報に対する自分の認識と理解が、正しいものなのかを確認することが目的である。

どんなに完璧な情報収集を行ったとしても、状況は常に変化するものである。

特に相手のニーズ、現状、要望などについて、間違った理解や解釈をベースに交渉を進めると、思うようにいかないだけでなく、取引自体が壊れてしまうこともある。

また、こちらから提示しようとする条件や提案内容についても、このテスト・フェーズで、相手の反応や許容範囲を、事前に確認することができる。

このフェーズにおける質疑応答の運び方次第では、条件提示を始める前に、適切な契約条件をお互いに推測することができる。

従って、このテスト・フェーズでの最重要課題は、質問の仕方である。

1) オープン質問で情報収集(5W1H)

2) クローズド質問で仮説検証(Yes、No。選択肢など)





★ムーブ・フェーズ

ムーブ・フェーズでは、具体的な条件を擦り合わせることが目的である。

オープング・フェーズで信頼関係を確立し、テスト・フェーズで全ての情報・認識を漏れなく確認したならば、ムーブ・フェーズにおいて要求すべきものと譲歩すべきものが明確に見えているはずである。

ここでは、全ての「取引変数」について、どこまで確保し、どこまで譲るかが問題になる。

こちらの条件を提示し、相手に譲歩させるために、5つの基本テクニックを活用する。

その場合、こちらの譲歩を必要としない「第一次説得テクニック(感情、論理、威嚇)」を優先し、なるべく相手に動いてもらうように誘導する。

しかし、全ての「取引変数」について合意に至るためには、最終的にこちらからの譲歩が必要な「第二次説得テクニック(駆引き、妥協)」なども使うことになる。

譲歩するにあたっては、いくつかのルールがある。

有利な交渉をするためには、次のルールを心得ておきたい。



1) 最初の動きは相手から

お互いの希望がどうしても一致せず、どちらか、もしくは、両者が譲歩しないと先へ進めないことが明らかになった場合、なるべく自分が先に動かず、相手に動いてもらうことが大事である。

例えば、金額について先に譲ると、金額その他の「取引変数」についても、先に譲るだろうと期待され、プレッシャーがかかる。

緊迫した状態に負けず、じっくり、相手の動きを待つようにした。



2) 一歩譲った相手は、また譲る

前項のルールに見られるように、先に譲る者は、その交渉をどうしても決めたい、または緊迫した状態を早く逃れたいなど、相手に対して、気持ちで負けている場合が多い。

そこで、さらに譲歩を迫られると、簡単にまた、譲ってしまうのである。

こう考えると、早く決めたいがために、簡単に譲るのは、後々、不利になる。交渉では、散々粘り、止むを得ない場合にのみ、「しかたなく譲歩する」という姿勢が望ましい。




3)簡単には譲歩しない

やむを得ず譲歩する場合のルールとしては、簡単に譲歩しないこと。

要するに、1つの条件を譲るにあたっては、相手にも、できるだけ苦労や手間をかくさせることである。

前述のとおり、一度、譲歩した人はまた譲歩すると思われる。

その結果、繰り返し譲歩を求められることとなる。

これを食い止めるためには、1つの譲歩を勝ち取るために、相当苦労するということを、相手に身を持って感じさせることである。




4)ただでは与えず、交換せよ

さらに、譲らざるを得ない場合は、決して一方的に譲ってはいけない。

相手からも、何らかの譲歩を交換条件として求めることがポイントとなる。

そうしなければ、そもそも譲歩する意味が無い。

それは必ずしも同じ「取引変数」で歩み寄る必要はない。

例えば、相手の要求どおりに割引するのであれば、支払い条件をこちらの希望どおりにしてもらうなど、別の「取引変数」で埋め合わせしてもらうことも十分に考えられる。




5)譲歩は徐々に減らす

譲歩する場合、どのようにして歩み寄れば良いのだろうか?

ここでの基本原則は「譲歩量は徐々に減らす」である。

合意点をだいたい定め、そこに近づくにつれ譲歩量を徐々に減らしていくことが、相手の満足度を考えても、最も効果的と言える。


● A社の値引き
10万円⇒9万円⇒8万円⇒7万円⇒6万円⇒???

●B社の値引き
10万円⇒9万円⇒8万5000円⇒8万2500円⇒8万1200円⇒???




★合意フェーズ

交渉の最後のフェーズは、合意フェーズである。

これまでの3つのフェーズを完璧に実施してきたのであれば、ここで残された作業は、契約だけである。

ここでは、単純に、「それでは、この条件でよろしいですね」と切り出せばよいのである。

しかし、世の中には、なかなか自分で意思決定できない人が必ずいる。

それは決断しないほうが、リスクが少ないからである。

そのような場合は、「大丈夫です。やりましょう。お互いに頑張りましょう」と励ますなど、相手の意思決定をサポートしなければならない。


また、合意フェーズでは、お互いに誤解がないように、取引条件を言葉で確認しあい、これで決定したという意思を、はっきりと伝え合うことが重要である。

せっかく、時間と労力をかけて、ここまで交渉してきたのであるからこそ、曖昧な形で終わってはいけない。

また、契約書を作成しない場合でも、合意後、なるべく早く、議事録などにて、決定内容を関係者に配布しておくことも非常に重要である。




■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。
posted by ホーライ at 19:50| Comment(0) | 交渉術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。