2013年11月28日

仕事のコツ●新聞の読み方

仕事のコツ●新聞の読み方

1)明確な目的を持って読む

2)現象面に惑われず、背景の本質面をみる

3)自分の行動とのかかわり合いに焦点を絞って読む

4)継続している重要なニュースについては、ポイントを把握しておく

5)見出しは極力多く読む

6)新聞社、筆者の立場と希望を理解して読む

7)数字の魔術に惑わされない

8)定性的、感覚的な捉え方に惑わされない




●●●●●治験のニュース・医薬品のニュース・製薬業界のニュース・医学のニュース●●●●●
  ↓
http://horaichikennews.web.fc2.com/index.html

●●●●●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法●●●●●
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●●●●●自分を3日で変える自己啓発の方法●●●●●
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

●3秒で分かるビジネススキル(仕事のコツのヒント集)
http://threesec-skill.seesaa.net/

●ハードボイルド・ワンダーランド日記(半径3mから300億光年の出来事)
http://hard-wonder.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
posted by ホーライ at 00:19| 情報を収集する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

【人脈情報を効率よくキャッチする方法】(6)

●情報源として押さえておきたい8タイプの人

(1)専門分野を持っている人

(2)国際的なネットワークのある人

(3)業界で顔の広い人

(4)地域で顔の広い人

(5)プロと呼ばれている人

(6)フットワークのいい人

(7)異性の知り合いのいい人

(8)博識な人



posted by ホーライ at 01:37| Comment(0) | 情報を収集する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

【人脈情報を効率よくキャッチする方法】(5)

●「よくわからない」を相槌がわりに使う

人は自分のレベルを基準に話してしまうことが多いものです。

「誰でもこれくらいはわかっているだろう」と判断して話します。

ですから、相手が専門的な話を聞かせてくれているとき、よくわからないことがあれば、恥ずかしがらずに「そのレベルでは理解できません」ということを伝えましょう。

何度も聞き返せば、相手もこちらのレベルを考えながら、わかりやすく話してくれるようになるもの。

せっかくの貴重な情報も、あいまいな理解のまま聞いていたのでは、何の役にも立ちません。

posted by ホーライ at 04:15| Comment(0) | 情報を収集する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

【人脈情報を効率よくキャッチする方法】(4)

●感謝の積み重ねが人脈情報を招き寄せる

せっかく「いい情報だから教えたい」と思って話してくれているときに、「そんな話は興味ありません」と相手の話をさえぎったり、軽くあしらってしまうようではだめです。

たとえ知っている話でも、きちんと最後まで耳を傾け、「いいお話しを、本当にありがとうございました」と感謝の意をあらわしましょう。

相手はこんなに喜ばれるのなら、次も進んで教えてあげようという気持ちになるのです。

こうした感謝の積み重ねが人脈情報に強くしてくれます。
posted by ホーライ at 20:36| Comment(0) | 情報を収集する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

【人脈情報を効率よくキャッチする方法】(2)●情報通は同じ話を何度でも聞ける

時として、同じ人から、何度も同じ話を聞かされることがあります。

そのときにどんな態度をとるかで、情報通になれるかどうかがわかるのです。

情報通になれる人は、決して「その話は以前にもお聞きしました」というそぶりは見せず、何度でも熱心に聞きます。

同じ話でも、以前の自分では気付けなかった情報が得られることもあれば、相手が今回、急に思い出して付け加えた耳寄りな情報が聞けるかもしれないからです。

また、相手が上司の場合、あなたに学びとってほしいことがあって、わざと同じ話をしていることもあるので注意しましょう。





●●●一流の思考術、一流の仕事術、一流の習慣術、一流の条件を紹介するサイト(1)●●●
          ↓
一流の思考術、一流の仕事術、一流の習慣術、一流の条件を紹介するサイト(1)

posted by ホーライ at 06:17| Comment(0) | 情報を収集する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。